お問い合わせ 資料請求

受験ガイダンス
「栄養経営士」資格認定試験の概要  ─ 資格の取り方


「栄養経営士」資格認定基礎講習について

  • これまでの自身の業務を振り返りながら、今後栄養管理の専門職として生き残るためにどうしたらよいのかを「栄養経営」の概念に基づきながら考えていただくことを目的とした講習です。
  • 「栄養経営士」資格認定基礎講習は、どなたでも受講できます。(資格、年齢、学歴、職業、国籍等は問いません)
  • 「栄養経営士」資格認定基礎講習の受講が、「栄養経営士」資格認定試験の受験資格となります。「「栄養経営士」資格認定試験」を受験される方は、事前に「栄養経営士」資格認定基礎講習を受講してください。

※ 全国で順次「栄養経営士」資格認定基礎講習を行います。

基礎講習の日程・詳細・エントリーはこちらから


資格認定試験について

第4回「栄養経営士」資格認定試験実施概要
第4回「栄養経営士」資格認定試験は2017年6月11日(日)に実施いたします。

【受験申込の前に必ずお読みください】

第4回「栄養経営士」資格認定試験受験申込ガイド(PDF)

「栄養経営士」資格認定試験エントリーは、「栄養経営士」資格認定基礎講習修了証明書 を受理された方が対象です。

栄養経営士資格認定試験

■ 試験時間
[試験開始時間]  10:15(開場/9:30、着席/10:00)
[試験終了時間]  11:35
■ 目的
栄養経営に関する基礎知識、倫理/モラルにつき、「栄養経営士」像に鑑み、その習得・到達度を測ることを目的とする。
■ 出題科目
  • 病棟業務管理
  • コスト管理
  • 組織マネジメント
  • 人材教育マネジメント
  • 多職種協働コミュニケーション
  • 病態栄養
■ 試験時間・出題形式等
[制限時間]  80分
[出題形式]  五肢選択方式、マークシート記入
[出題問数]  50問
■ 合格基準
「栄養経営士」資格認定試験の合格基準は、総得点の6割程度とする。
■ 受験資格
  • 「管理栄養士(実務経験2年以上)※管理栄養士として試験実施日に実務経験が満2年経過する者
  • 「栄養経営士」資格認定基礎講習修了者
    ※2015年・2016年度開催の基礎講習修了書をお持ちの方は、再度基礎講習受講せず「認定試験」受験可能(※基礎講習修了後、3年後の試験まで資格有効)
■ 受験料・受験申込期間
[受験料]  8,000円(消費税込)(手数料別途)
[受験エントリー期間]  2017年2月1日(水)~5月12日(金)
[受験料支払締切]  2017年5月16日(火)
■ 提出書類・書類締切日
[提出書類]
  • 管理栄養士免許証コピー
  • 職務経歴書(受験エントリー受付完了メールに記載のURLより、当協会指定「職務経歴書」フォーマットをダウンロード)
[書類提出締切日]  2017年5月16日(火)必着
※提出していただきました書類は、お返しできませんのでご了承ください。
※第1回~第3回「認定試験」申込時に提出済みの方は再提出不要
※受験料のお支払と書類提出をもって、受験申込が完了となります。
■ 受験票発送日
2017年5月26日(金)発送
■ 受験票未着問い合わせ期間
2017年5月31日(水)~6月6日(火)
■ 合格発表日
2017年7月11日(火)
■ 試験結果通知未着問い合わせ期間
2017年7月18日(火)~2017年7月24日(木)

第4回「栄養経営士」資格認定試験 試験会場

試験会場は下記7都市を予定しています。詳細は決まり次第ご案内します。

会場 会場名 住所
札幌会場
仙台会場
東京会場
金沢会場
名古屋会場
大阪会場
福岡会場

「栄養経営士」資格認定試験エントリーは、「栄養経営士」資格認定基礎講習修了証明書 を受理された方が対象です。

栄養経営士資格認定試験


「栄養経営士」資格認定試験の注意事項(必ず受験の前にご確認ください)

■ 当日持参するもの(机上に置けるもの)
  • 受験票(ミシン目より切り離して机の上に呈示してください)
  • 公的機関が発行した顔写真の貼付してある身分証明書(コピーは不可)
    公的証明書の例
    ①運転免許証 ②学生証 ③パスポート ④写真付き住民基本台帳カード ⑤外国人登録証明書など
  • 筆記用具(鉛筆またはシャープペンシル、消しゴムのみ)
  • 腕時計(携帯電話を時計として使用することを禁止します。携帯電話は必ず電源を切ってカバンの中にしまってください)
  • ※試験会場によっては、会場に設置してある壁掛け時計が見づらい場合があります。試験時間に不安な方は腕時計をご持参ください。
  • ※筆箱(ペンケース)、ペットボトル、缶飲料、ハンカチ等は机上に置けません。風邪等の理由でハンカチやティッシュペーパー、ひざ掛け等の使用を希望する場合は試験監督員に申し出てください。
  • ※顔写真付きの身分証明書をお持ちでない場合は、健康保険証、戸籍抄本(戸籍謄本)、年金手帳、住民票、公共料金の請求書または領収書、預金通帳等より2点をご持参ください。
■ 本人確認
  • 受験者が本人であることが確認できない場合は受験できません。
  • 試験開始後、試験監督員が受験者の本人確認を行います。本人と証明書との照合を求められたときは試験監督員の指示に従ってください。
■ 着席について
  • 試験会場の座席は、受験番号順になっています。会場入り口に座席指定ポスターが掲示されますので確認の上、指定された座席に着席してください。
  • 試験開始時刻までに入室・着席しない場合は、受験できません。遅刻は失格となります。
■ 試験室内での注意事項
  • 受験票と身分証明書を座席指定シール近くに置いてください。
  • 離席する場合は、必ず受験票と身分証明書を携帯し管理してください。
  • 試験場では、試験監督員の指示に従ってください。
  • * 指示に従わない方は退場していただきます。
  • * 不正行為のあった場合は合格を取り消し、以後の受験を禁止することがあります。
  • 解答用マークシートおよび問題用紙は、試験終了後回収いたします。持ち帰りは厳禁です。
  • カバンなどの荷物は机の下もしくは椅子の下に置くようにしてください。通路は試験監督員の通行の妨げになるため通路側に荷物は置かないようにしてください。
  • 試験時間中に日常的な生活騒音等(試験監督員の巡回による足音、監督業務上の打ち合わせ、机や椅子がきしむ音、自動車・空調の音など、周囲の受験者の咳や鼻をすする音、照明の点滅等)が発生した場合でも救済措置は行いません。
■ 出願事項の修正等の連絡
  • 受験票の記載内容に誤り・変更がある場合は、試験終了後に変更申請書を試験監督員に提出してください。
  • 認定試験会場では氏名の変更を証明する公正証書(戸籍抄本)等は受理できません。
■ 試験終了後の試験監督員への接触
  • 変更申請書を提出する場合を除き、試験監督員による退出の指示後は試験監督員との接触を禁止します。
■ 試験終了後の試験問題の廃棄について
  • 今回の試験に使用し回収した試験問題は、試験終了後、3カ月で廃棄します。
■ 合格発表について
  • 合格者の受験番号を合格発表日より2週間、当協会のWebサイト(http://www.nutrition-management.jp)に掲載します。受験票は大切に保管ください。
  • 合格発表日より順次受験者本人宛に試験結果通知票を発送します。
  • (ア)試験結果通知・採点・試験問題の内容に関するお問い合わせにはお答えできません。
  • (イ)試験結果通知が届かない場合は、必ず試験結果通知未着問い合わせ期間内に協会事務局にお電話ください。
  • (ウ)試験結果通知未着問い合わせ期間内にご連絡がない場合、試験結果通知の再発行はいたしかねますので、ご注意ください。
■ その他受験・資格認定に関する案内は当協会Webサイト(http://www.nutrition-management.jp)に掲載します。必ずご確認ください。
■ 試験当日、緊急の際は協会まで電話で連絡してください。TEL:03-5289-7021
   ※試験会場へのお問い合わせはご遠慮ください。